保健師に転職しても、実際違ったら。

保健師への転職の際に念頭に置いた方が良いのは、実際です。看護師の仕事からの転職として保健師を選ぶ方は多いですが、晴れて保健師になれても、自分の思っている仕事と違ったという方もいるのは事実です。

保健師の仕事は看護師の仕事と違って比較的落ち着いている仕事です。そのため、時間に余裕のある事も出てきます。そういった時に出てくる事が多いのがやはりネガティブな話題です。どこの職場でもある事ですが、職場での愚痴や他の方への陰口などがあって嫌になるという事は正直な話、よくあるケースです。

そういった時にまた頭をよぎるのが転職の言葉。せっかく転職したのにまた同じ事を繰り返してしまっては意味がありません。ですので、良くある話と割り切って、流してしまうのが一番良いのですが、あまりに職場の雰囲気が良くないのであれば、再度の転職を考えた方が良いでしょう。

それでも、次の転職の際にマイナスにならないようにしっかり注意を払いましょう。短期間での転職の連続はとても印象が良くありません。そのため、耐えられるのであればある程度の中期間のスパンで考えた方が良いです。1年か2年は我慢して辞めるのが良いと言えるでしょう。

また、職場の空気は自分から変えにくい事もありますが、それでもできる事をやってみるという事もお勧めします。良い意味で少し適当になってみて、新しい空気を入れていく。冗談で周りを明るくしてみたりして、周りの方を楽しませるという事をやってみるのです。

あなたといると楽しいと思ってもらえれば、そこから空気が変わっていく可能性はあります。もちろんすぐに長年の職場の体質というのは変わらないかもしれません。ですが、それでも一つ一つできる事を積み重ねていくのが、仕事のやりがいという所でもあります。

もちろん本来は保健師としての仕事がメインですが、職場の環境を整えていくのもまた一つの仕事のやりがいとも言えます。大変かもしれませんが頑張ってみてくださいね。そしてそれでも駄目だと思ったなら、保健師転職サイトを使って転職する事をお勧めします。

保健師の20代の転職状況

20代で保健師として転職する場合についてです。保健師は看護師の資格を持っている方がステップアップとして目指す事が多い仕事で、専門知識や実務経験も豊富な方が多いです。そのため、転職で受け入れる職場側も、ある程度即戦力を期待して受け入れるというケースが多いです。

20代での保健師の転職のポイントはここにあります。20代のメリットとしては若さです。まだまだ伸びしろがあり、これからスキルアップして実力を付ければ、しっかりと長く働いてくれるという期待もあります。

今後の成長に期待して、研修などを行ってくれながら、受け入れてくれるという職場もあります。元気の良さを武器にして転職するという事になります。デメリットはやはり経験の少なさです。

看護師、保健師の資格を取ったと言っても、実務経験という実際の現場では学んでいるからスムーズにできるというものではないですし、職場ごとに細かい点は違っています。そのため、どうしても若い方と、ある程度長く働いてきた方ではスキルのレベルに差が生じます。

そのため、20代では即戦力というには若干足りず、企業としては育てながら働いてもらうという形になります。そのため、20代の方が転職先として適しているのは、研修などをしっかりと行ってくれる職場という事になります。

ある程度の即戦力を見込んで雇ってくれる職場もあるかもしれませんが、求められるレベルをしっかりと確認してから入らないと、自分のレベルが合わず、ついていけないという事にもなってしまいます。

ただ、デメリットが多そうに見える20代ですが、転職市場で募集されているのも20代から30代前半が最も多くなっています。多くの企業がもちろん即戦力の方も期待していますが、これから自分の職場で再スタートを切って、長く勤めてほしいという期待をしてくれています。

第2新卒歓迎という、経験が浅い方を積極的に迎えてくれる企業もあります。チャンスは多いので、どんどんチャレンジしていきましょう。

保健師は男性・女性のどちらが多い?

保健師の男女比についてですが、これはどの職場に勤めるのかによって変わってきます。 一般的な職場では女性の方が多いといえるでしょう。

厚生労働省が行った調査では保健師全体のうち、男性は約1割程度だと発表されています。 そう考えると、どの職場でも男性の方が少ない可能性が高いですね。

ただ、男女比が4:6のように男性も多く働いている職場もあるため、女性ばかりの職場では働きにくいという男性も男性保健師が多い職場を探してみると良いでしょう。

看護師として働く職場の中には力仕事が求められるところもあります。 そういった時には男性看護師が活躍するのですが、保健師の職場の場合はそれほど力仕事を必要とすることはないようです。

保健師の仕事では看護などの仕事内容があるわけではないため、どうしても力仕事が少なくなってしまうと言えるでしょう。 このようなことも関係し、多くの職場では女性保健師が中心となっています。

ただ、女性の多い職場では男性保健師が働きにくい環境が整ってしまっていることも考えられますよね。 心配な男性は転職支援サイトを利用し、男性にとって働きやすい職場を探してもらうと良いでしょう。

転職支援サービスを利用すると自分にとって最適な職場が見つかります。 どのような条件を希望しているのかを伝えた上で、それに合った職場を探してくれるわけなので、就職してみたら自分が思っていたのとは全く違う職場だったというミスも防げるでしょう。

気持ちよく保健師の仕事を続けていくためには職場選びが非常に重要です。 自分1人で情報を集めてしまうと新しい情報を手に入れるのが難しかったり、間違った情報を手にしてしまう可能性もあるため、転職支援サイトを利用し、最適な職場探しができると良いですね。

職場の中には、男性保健師が多いということをアピールポイントにしているところもあります。 そういった職場であれば男性にとって働きやすい環境が用意されている可能性も高いため、職場環境を重視する男性は男性の多い職場を探しましょう。

ページの先頭へ